ISOのページ

ISOについて

国際標準化機構(International Organization for Standardization)の略称です。各国の代表標準化機関から成る国際標準化期間で電気及び電子技術分野を除く全産業分野(鉱工業、農業、医薬品等)に関する国際規格の作成を行っています。

ISOは、1947年に18ヶ国により、発足し、現在は正、準会員含め157ヶ国となっています。

ISO14001

ISO14001:2004認証取得        ISO14001:2004認証取得

ISO14001:2004認証取得

ISO14000は国際標準化機構が発行した環境マネジメントシステムに関する国際規格の総称です。

そのISO14001ファミリーが支援する環境マネジメントシステムの構築を要求した規格がISO14001です。

企業活動や製品及びサービスによって生じる環境への影響を持続的に改善するためのシステムの構築、そのシステムの改善をPDCAサイクルで構築することが要求されています。

当社の取り組み


 
当社の環境方針と2017年度の取り組み目標です。
 
 
環境理念

私達は地球を大事にします。青い空、緑の森林、豊かな水、綺麗な空気を次の世代へ贈る為に「物を大切にする」企業風土をつくります。「宮古島の豊かな自然を地球へ」が私達の合言葉です。 

 
 
 環境方針

1.環境への影響を調査及び評価し、当社の活動及びサービスから発生する、環境に負荷を与えている主要な要因を効果的に低減または削減するため、技術的・経済的に可能な範囲で達成すべき環境目的及び環境目標を定めます。

2.そのために環境改善計画を立案し、実施し、成果を評価して見直し、さらに次なる改善目的及び目標につなげるための環境マネジメントシステムを構築します。
これには、当社の活動及びサービスから発生する廃材、粉塵、排気、汚水等解体現場の近隣の方々にご迷惑をおかけしないような、適切な汚染の予防活動も含めます。

3.当社には「産廃法」等、遵守しなくてはならない法律があります。これらの環境に関する法令、規制、条例、協定、その他の解体現場の近隣の方々との合意事項等の遵守するのみならず、自主的な環境管理基準を策定し、一層の環境保全を図ります。

4.要因に必要な教育・訓練を行い、環境保全意識が高く模範的に行動がとれる人材に育成します。

5.本社の緑化運動及び4Sの促進を通じた美化運動を推進します。

6.次の項目については、積極的に推進します。
  (1)適正な解体工事範囲の提案
  (2)安全第一による工事遅延の抑制
  

 

2017年1月6日

宮古島建設工業株式会社

代表取締役 社長 前泊 英子

 

〒510-0961
三重県四日市市波木町491番
TEL:059-321-1272
FAX:059-322-1147
までお気軽にお問い合わせください。
事業地域
三重県全域/愛知県全域/岐阜県全域/その他地域でもご相談下さい
住まいの情報
住まいの情報
マイリフォームレシピ
リフォーム
リフォーム